間違った洗顔方法|毎日の正しい洗顔できれいなお肌を手に入れよう
レディー

毎日の正しい洗顔できれいなお肌を手に入れよう

間違った洗顔方法

洗顔

あなたの正しいと思っている洗顔方法、実は間違っているかもしれません。勘違いからの肌トラブルを防ぐために、早めにチェックして改善しましょう。まずは、冷水での洗顔です。冷水は気持ちよくて、肌が引き締まったように感じますが、それは急激に肌を冷やしているため効果は30分程度しか続きません。続けると赤ら顔や乾燥肌の原因にもなりますので、冷水で洗いすぎないよう気を付けましょう。次に、泡立てを良くするために洗顔ネットに水を含まずに泡を立てたり、少量の水しか加えてなかったりという泡の作り方は、洗顔時に肌への摩擦を起こし負担がかかりトラブルの原因になります。水分量は加減しましょう。そして、肌をしっかり洗うために洗顔の時間が長くなってしまっていませんか。基本的な時間は1分~1分半です。それ以上の洗顔時間は肌への負担になりますので意識しましょう。洗顔後にも注意しておきたいのがタオルでごしごしとこすりながら拭くことです。洗い終わったからと油断せずに、タオルで押さえるように優しく拭きましょう。また、お肌の皮脂が気になるからといって、一日に何回も洗顔するのは良くありません。肌の洗いすぎにより、必要な皮脂まで洗い流してしまうこともあり肌トラブルの原因になります。3回以上は多いので気を付けましょう。若い人はニキビができたとき、早く治るようにと集中的に洗いすぎることもありますが、それもやはり肌への負担がかかりますので、かえって悪化させるなどにもなりかねません。この中の間違った洗顔方法を一つでもしているのであれば注意して洗い、肌トラブルを防ぎましょう。